経費扱いできて便利

投稿日カテゴリーおすすめ記事

レンタルコピー機は、一度に大金を支払うことなく導入することができます。また、固定資産として計上する必要がないので、経費で計上できて会計上の扱いも楽です。さらに、リースのように長期契約が必須とはされておらず、短期利用も可能です。したがって、例えば繁忙期に増大することやイベントの時だけ利用するといった使い方が可能で、柔軟性が高くなっています。そのことから、レンタルコピー機のサービスは様々な企業や個人に活用されています。料金も業者によっては月額一万円未満で利用することができ、リーズナブルです。最近は長期でも安く借りられるサービスも存在しており、従来の長期利用には適さないという概念も覆されています。利用するコピー機は購入のように自由に選べるわけではありませんが、それなりの選択肢も用意されていますし、普通に印刷をするオフィス機器として活用するには十分な性能を持っているコピー機が選べるので、問題はありません。