コピー機のレンタルのメリット

オフィスにコピー機を導入する場合の選択肢として、購入するか、それともリースをするかで迷う場合があります。利便性が高く、さまざまな機能が付加されている最新の機種を使いたい場合には、購入では高額な費用がかかってしまうため、リースを選ぶ人も多いかもしれません。リース契約であれば購入金額よりは費用を抑えることができますが、一方で契約期間が最短でも3年ほどと長く、原則として中途解約はできません。起業したばかりの会社で経営に不安があったり、コピー機の機能が気に入らなかった時のことを考えると、長い契約を結ばなくてはいけないことが少し心配になります。そこで、最近ではオフィス用のコピー機のレンタルが人気を集めています。レンタルでは、契約期間は最短で1日と非常に短く、中途解約をしても問題ありません。リースのような事前審査の必要もなく、利用したい期間や用途に合わせて柔軟に機種を選ぶことができるのも大きなメリットです。